思い出をしまった場所

ハッピーエンドを思い描いています

愛してる、という言葉

元夫がわたしに「愛してる」と伝えてくれた。その言葉だけ信じられる。愛されていると感じることができた。心から。「愛してる」と「好き」は全く違う。彼は、愛するということを知っていた。愛おしさで暖かく包み込んでくれていた。

生姜入り玉子焼き弁当

今週のお題「お弁当」こっちに愛情を詰め込み過ぎて、本人には塩対応してしまっていたみたい。ごめんね。

夕飯

食べ物の好き嫌いが多い人。鶏肉にんにく魚介類胡瓜ブロッコリー銀杏椎茸大葉グリーンピース生のトマト牛乳ヨーグルトいちごメロン苦手なもの。ハンバーグカレーシチューコロッケピザナポリタンラーメンお好み焼きにんにく抜き餃子水炊きチャーハンピラフキ…

深くて寒い

夏が終わって、日差しや通り抜ける風が心地よく感じる季節が終わり、 肌寒く心をざわつかせる深い秋がやって来た。 「もう少し此処に居てよ」 願っても叶えてはくれない。 好きな人の腕に抱かれて眠りたい。 肌寒さは、好きな人の体温を求めさせる。 ただ触…

縁とは不思議なものだな、と感じる。最近頻繁に通う場所がある。通いはじめて気が付いたのだけど、元夫とわたしが出逢った会社の隣だった。元夫の仕事が終わるのを待ってたなーと思い出したり。どうしてまたこの場所にわたしが来ることになったんだろう。(…

終わったことには

付き合ってた人と1度別れてしまったら、何の興味も湧かない。それは、別れてしまった瞬間から。元来、他人に興味を持てない性格なので、関係が終わると、今後一切関わりを持ちたく無くなってしまう。不思議なのは、元夫にはそれは当てはまらない。わたしにと…

恋しい

無意識のうちに君の面影を探していることに気がつく。 君のように太陽みたいに笑う人にはまだ出会えない。いつになったら君を超える人と出会えるのかな。

穏やかさ

心が穏やかだ。わたしに愚痴を言ってくる人がいないこと。それが1番の理由。 自分に関係のないことでも不平不満愚痴を聞かされていると心の消耗が激しい。心が疲れて刺々しくなってしまう。わたしも愚痴を言わないといけないような気持ちになる。 わたしはわ…

心の変化

家族のために生きようと、自分の幸せは考えないように、そんな風に思ってたけど。今はとても自然に自分が幸せで過ごすことを考えてる。これまでとは違う未来を見てみたいと思ってる。家族を裏切るとか犠牲にするということではなくて。家族を犠牲にしてまで…

わたしのツインソウル

この世界にツインソウルというものが存在するとしたら、わたしにとっては、君だった。 わたしたちはよく似ていた。話し方も笑い方も、物事の感じ方も。 その頃わたしはツインソウルというものを知らなかったので、いつも「わたしたちは前世で双子だったんだ…

優しい気持ちの中で

今夜は君のことを思い出す日。 幸せでいてね。笑っていてね。わたしが幸せに出来なかったから。誰かと幸せを感じていてね。 わたしは君のこと、これからも大切に思うよ。会うことは無いけれど。でもね、幸せを願ってる。君がわたしを大切にしてくれてたこと…

優しい雲

今日、お昼の少し前。空が青くて綺麗だなーって思って見上げたの。そしたら、羽根を見た。ふんわりと柔らかそうな。綺麗だなーって、写真撮りたいなって思ったけど仕事中だったからやめた。 母の、わたしを呼ぶ声が震えていた。義理の妹さんが亡くなったと震…

嫌でも見なければいけないこと

今まで自分の気持ちに嘘をついていた。 妊娠、出産のタイムリミットがあと数年に迫ってきたことに焦りを感じる毎日。「今日がわたしの人生で一番若い日なんだよね…」 殆んどの友達は子供を産んだ。「妊娠しました」「○月に赤ちゃんが産まれます」「○月○日に…

明日の約束

「明日世界が終るとしたら~」と例え話はよく耳にする。 『世界』なんて広範囲の例え話はいつもピンとこない。 「明日、あなたの人生が終わるとしたら今日をどう生きる?」 わたしは今を余生だと思って生きてるところがある。 いつ人生が終わっても仕方ない…

チョコレートドーナツ

「チョコレートドーナツ」 何年か前から気になっていて、でも観れないでいた映画。 最近観ることができた。 DVDを借りることも買うことも、小さな劇場で再上映をされていて観に行くことだって出来たのに、わたしはそれらをしなかった。 思いがきっと強すぎた…

まだ雨は冷たいけど

何となく苦しいなあ、って。楽しかったことを思い出したら、戻ってこない日々なんだなあって。そしたらまた苦しくなって。 こんな日に限って眠れないし。空は雲で覆われてるし。沈むだけ沈んだら、また昇ってこれるんだけど。どうして毎日笑っていられないん…

全ては恋の仕業

恋をするといつもよりも弱くなる。恋をするととても小さな出来事を不安に思う。恋をするといつもなら笑えていた場面で笑えなくなる。

太陽みたいにね

お願いがあります。 いつも笑っていてね。

雨上がりに見える景色

8月は今日でおしまい。 毎年、あぁ今年も夏が終わっちゃうのね、と寂しくなる。 暑くて暑くて「早く夏終われー!」と毎日思っていたのに。 34歳、独身。 来月35歳になる。 四捨五入すると40歳か…とちょっと呼吸が苦しくなる。 「…アラフォー」 思わず心の声…